あらかじめ識別マーカーを埋設することで輻輳場所での管路の確認や管末、分岐部、継手部、修理箇所などの位置特定が専用探知器で迅速にできます。